TOPNEWSAILがファッションECに関する独自データを公開 ~アパレルウェブ・アナリティクス・レポート(AAR)公開中~

2019.03.06

AILがファッションECに関する独自データを公開 ~アパレルウェブ・アナリティクス・レポート(AAR)公開中~

株式会社アパレルウェブ(東京都中央区、代表取締役社長:千金楽健司、以下、アパレルウェブ)は、「ファッション業界にイノベーションを」をテーマに活動する会員組織:アパレルウェブイノベーションラボ(以下、AIL)において、組織の会員企業様向けに、ファッション×デジタル領域に関する独自データ:アパレルウェブ・アナリティクス・レポート(以下、AAR)の提供を行っています。昨年12月末からサービスを開始し、現在Vol.1~3まで、3本のレポートをサイトに掲載しています。

<購入価格帯別 購入率調査>

・期間:2017年9月1日~2018年8月31日
・対象ECサイト数:108
~『AARVol.3 業種・デバイス・購入単価帯別購入率調査』より~

現在、AIL会員サイトでは、以下のVol.1から3まで、3本のAARを公開しています。

『Vol.1 性別・年代別・デバイス別 ファッション系ECの利用率調査』
性別、年代別、デバイス別のファッション系EC利用率などについて調査した「ファッション系ECの利用率調査」の結果を取りまとめました。
【結果・傾向(抜粋)】
 ・年齢別では、男性、女性ともに「25歳~34歳」の年齢層が一番ファッションECを利用している結果になっています。
 ・男性と女性では「パソコン」と「スマートフォン」の利用率に約20%の差分が発生しています。

『Vol.2 独身の日スーパーセール調査』
「独身の日スーパーセール」を中心に、アプリユーザー数、年齢分布などの購買行動を調査しました。
【結果・傾向(抜粋)】
 ・独身の日スーパーセール当日より約1ヶ月前から始まっている「先行予約」。全体の売上に対し約3割を占めています。
 ・独身の日スーパーセールは、中国のネット人口の半分以上が参加し、特に24歳以下のZ世代が積極的に購買行動をしている結果になっています。

『Vol.3 業種・デバイス・購入単価帯別購入率調査』
業種別、購入単価帯別でファッション系ECのCV率などについて調査した「ファッション系ECの購入率調査」の結果を取りまとめました。
【結果・傾向(抜粋)】
 ・「パソコン」が「スマートフォン」の約1.6倍の購入率となっています。
 ・購入単価帯で比較すると「10,000円~19,999円と「20,000円~29,999円」の価格帯は他の価格帯と比較して、購入率の差分は小さい結果となりました。

AILでは、会員企業様向けに毎月発行している定期レポート:アパレルウェブ・イノベーション・レポート(AIR)の他にも、今回紹介したようなファッションECに関する統計的なデータや越境ECに役立つ情報など独自データを会員様限定で公開しています。ご興味のある方は、以下のサイトからお気軽にお問い合わせください。

◆AILについて詳しくはこちら

以上

NEWS TOP