大手アパレルEC約100社の担当者に聞いた、デジタル施策アンケートをアパレルウェブイノベーションラボ(AIL)が公開

株式会社アパレルウェブ(東京都中央区、代表取締役社長:千金楽健司)は、自社で運営する会員組織アパレルウェブイノベーションラボ(以下AIL)の活動の一環として、ファッション企業約100社のEC担当者にアンケートを2019年12月に実施しました。

 以下に加えて、EC化率、SNSの運用体制、決済サービスの導入状況などもAILが発行する会報誌アパレルウェブイノベーションレポート(以下AIR)に掲載しております。詳しくご覧になりたい方はAILまでお問い合わせください。

 年間売上別の自社EC比率

EC全体のなかで、モールを除いた自社ECの売上比率がどの程度になるか、自社ECの年間売上規模を「3,000万円未満」「3,000万円~5億円未満」「5億円以上」に分類して調査しました。自社EC比率30%以下の割合は売上が大きくなるにつれ減少、自社EC比率31%~50%、51%~70%、71%~99%の割合は売上が大きくなるにつれ割合が増加しています。

プロモーションの実施状況

プロモーション施策では特に、アプリの更なる強化を考えている企業が多く「すでに実施済みだが、今後も強化していく」と回答した企業は約30%となりました。一方で雑誌への出稿に関して「実施済みだが今後縮小予定」と回答した企業は約20%となっており、今回用意した選択肢の中で、もっとも縮小を検討している施策となりました。プロモーションに関して、デジタルを活用した手法の強化を各社検討しており、その中でもアプリは特に注力しようと検討している企業の割合が多い結果となりました。

【調査概要】
調査タイトル   :2019年度ファッション企業におけるEC担当者向けアンケート
調査対象         :株式会社アパレルウェブの取引先を中心としたファッション企業
調査日時         :2019年12月
調査方法         :アンケートフォームへの回答による調査
提出数    :90サンプル

【アパレルウェブイノベーションラボ(AIL)について】
ファッション企業の経営層に向けて“イノベーションのヒント”を発信していくため、アパレルウェブが2017年10月にスタートさせた会員組織。会員企業にはアパレルブランドや大手セレクトショップ、商業デベロッパーなどがいらっしゃいます。おもに3つのサービスを提供しております。

1.AIR(アパレルウェブイノベーションレポート)
アパレルウェブが持つ独自データや最新ファッション事例をまとめた月刊レポート
2.AIF(アパレルウェブイノベーションフェスティバル)
FASHION×MARKETING×TECHNOLOGYを軸に各領域のキーマンを招いて開催するファッション業界に特化したセミナーイベント
3.AIC(アパレルウェブイノベーションキャンプ)
AIFよりさらにテーマをより細かくフォーカスし、Webマーケティングや最新テクノロジー情報の少人数セミナーの実施や、ニューヨークを中心に海外のイノベーション事例を直接体験するツアーなどを実施
https://ail.apparel-web.co.jp/