2021年新年のご挨拶 ― 株式会社アパレルウェブCEO 千金楽健司

あけましておめでとうございます。

旧年中は新型コロナウイルスの影響の中、皆様より沢山のご支援ご協力を賜り、有難く厚く御礼申し上げます。このページをご覧頂いている皆様、いつもお世話になっている皆様にとって、2021年が幸多い一年となりますよう、心からお祈り申し上げます。また、医療従事者、保育・介護等の福祉サービス事業者、運送事業者など私たちの生活を支えてくれているすべての皆様とそれを支える家族の皆様へ、心からの敬意と感謝の気持ちをお伝えします。

さて、2020年は「コロナ禍」という未曾有の一年となりました。「不要不急の外出を控える」「自粛する」という状態が続き、多くの小売・サービス業が大打撃を受けました。新型コロナウイルスによって、“これまで通り”が一切通用しない、激動・淘汰の時代が強制的に、そして本格的にスタートしたのです。Withコロナをきっかけに、当社も大きく変化しました。リモートワークを中心とした新しい働き方への移行とデジタルサービスの拡充です。

緊急事態宣言発令前の2020年2月から今日まで、東京・大阪・シンガポールの全拠点でリモートワークに取り組んできました。現在も7割以上のスタッフがリモートワークを継続しています。今後もリモートワークという「新しい働き方」を積極的に推進し、スタッフひとり一人が安心して業務に取り組み、より生産性を上げられるような職場環境の整備に取り組んでいきます。また、AILを中心に、新時代に合わせたサービスへの進化もすすめています。WEB会議の活用はもちろん、AIL会員様向けに28回ものオンラインセミナーを開催しました。毎年恒例の海外視察が中止になってしまったことは非常に残念でしたが、オンラインだからこそ実現可能なサービスを2021年も積極的に実施していく予定です。

コロナ以前から起こっていた変化・課題とコロナによる最後の一撃によって、ファッション業界は窮地に立たされ、もはや瀕死の状態です。しかし、そんな大ピンチの中でも積極的にDXに取り組み、しっかりと成果をあげている企業も少なくありません。コロナ禍によって、DXの必要性はより明確になりました。「自分たちのお客様に最高の体験をしていただく」ためにデジタルテクノロジーを最大限に活用できるか否かが、明暗を分けていると痛感しています。

アパレルウェブは2000年の創業当初からWeb・デジタルのチカラを信じ、そのチカラによってクライアント企業様の課題解決をすること、イノベーションのヒントを提供することに取り組み続けてきました。いまこそ、我々のチカラが必要とされるときです。「アパレルウェブの強み・武器は一体何なのか」を再認識し、アパレルウェブでなければ実現できない、唯一無二のサービスをしっかりと提供していきたいと考えています。

当社はこれからもスタッフ一同全力で業務に取り組んで参ります。
本年も引き続き何卒よろしくお願いいたします。

2021年元旦 株式会社アパレルウェブ
CEO 千金楽 健司

ブログ:脱OEM宣言!!アパレルの経営者の方へ