Message

代表取締役CEO

千金楽 健司CHIGIRA KENJI

2000年の創業以来、のべ1,000社を超えるクライアント企業の皆様と一緒に、デジタルに関する様々な取り組みをしてきました。いまやファッション企業をはじめとする小売企業の販促活動において、デジタルマーケティングは最も重要な手法のひとつとなっています。

“これまで通り”が通用しない激動の時代において、ファッション企業をはじめとする小売企業が取り組むべき経営課題は4つあると私は考えています。それは①デジタル対応、②グローバル対応、③ブランディング強化、④コラボレーション展開の4つです。単に商品を買うだけの「モノ消費」から、商品やブランドが持つストーリーや体験を重視する「コト消費」へと消費スタイルが大きく変化する中で、小売企業も大きく変化しなければなりません。失敗を恐れず、本気で変わろうとしなければ生き残ることができない…そんな時代がやってきたのです。

アパレルウェブは新しい事業をスタートさせました。当社初の会員組織「アパレルウェブ・イノベーション・ラボ(AIL)」です。AILの役割は、イノベーションを作りだすことではなく、様々なイノベーションの芽を発見し、会員のみなさんにそれを伝え、理解・体験してもらうことだと考えています。AILでの発見や体験から新たなコミュニティが生まれ、そのコミュニティが盛り上がることで、業界が活性化していく…私たちはそんな未来を描いています。

また、クライアント企業様のインバウンド・アウトバウンド施策をより促進・強化するべく、グローバルマーケティングにも注力してきました。シンガポールにある子会社(AWSG)と共に、越境EC・グローバルSNS等、クライアント企業様のグローバル戦略を支えるサービスも多数提供しています。

これからも当社はスタッフ一同全力で取り組んで参ります。
何卒よろしくお願い申し上げます。